融資方法
学生とローンTOP


学生ローン


銀行
融資方法と言っても、2パターンしかないと思う。
来店したら、その場で融資してもらう。
もう一方は、銀行などの金融期間を使って、振込で融資する方法だ。
来店のメリットは、その会社に行けばその場ですぐに融資してくれる点。
デメリットで言ったら、その学生ローンの店舗まで行かないといけない点。
若干遠目に住んでいる人や、地方に住んでいる人は、きっと面倒だろう。
ただ来店の場合は、その場に行くだけで、痕跡はあんまり残らない。
近くに住んでいたり、学校の近くだったら、来店をおススメします。
融資条件などは、学生ローンでキャッシングをご覧下さい。
    来店VS振込
そして、金融機関への振込の場合のメリットは、わざわざ来店しなくても大丈夫な点。
遠方に住んでいる人なんかは、来店自体できない。
そんな人は、銀行の口座に振り込んでもらえる。
近くのATMなんかでも、引き出しはできるので、楽なのは、確か。
デメリットで言ったら、来店の場合の逆なので、痕跡が残る。
例えば、契約書は郵送されてくる。
振り込んでもらうと言うことは、銀行の通帳に記帳した時に、その会社名が載ってしまう。
などなど…。
家や学校の近くに学生ローンがない所では、振り込んでもらうしかないような時は、どうにか親などにバレないように努める事をおススメします。
電話連絡だけで、振り込んでもらえるなら、それにこしたことはない。
学生ローンではネット申込みの際の詳細を紹介しています。